中国シルクロードの旅

シルクロードへの添乗記を通して中国いやシルクロードを語ってまいります。

新疆ウィグル自治区へは2度行った

今朝のニュースですごく悲しい思いになってしまった。
妻は新疆ウィグル自治区の区都「ウルムチ」の映像が流れると
子ども達に「ここ仕事で行ったよ」と話していた。

我々が新疆ウィグル自治区へ行ったときは「平和」だった。
「平和」のように見えたのかも知れない。ウルムチと同じような暴動が、カシュガル、ホータン、アクス、イリなどでも勃発している。

ウルムチからキレン山の北側を走り、隣のタジキスタンを見ながら南下するとイリ川のイリがある。また、反対にキレン山を南下してタクラマカン砂漠の油田道路を真南に行くと、最初の町がニヤ(イーニン)そして西に走るとホータン(和田)があり、この町は長寿の町で知られ90歳以上のおじいちゃん(失礼)が30歳代の奥様をもらうことが普通になっていたのが驚きでした。そして更に西へ走ると新疆ウィグル自治区に西南の町、カシュガルがある。少し西へ行くと、もうそこはアフガニスタンです。

中型のバス、2台をチャーターして行った新疆ウィグル自治区の人々は大らかで親切でした。

そんな場所で暴動が勃発?信じられないですね。早く、良い様になりますように。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。